GREENLAND

エム・ヴイ・エム商事株式会社の扱う野菜・果物に関する商品や産地、販売情報から、生産者、栽培方法、旬、栄養、保存方法、レシピ、美味しいお店、果ては会社や仕事の、楽しさ、新たな発見、感動、熱い想いなどなどをスタッフが綴るブログ。

Sometimes It Snows in April

2019年の4月1日は本当に寒かった。そして翌日には4月の雪が降って驚かされました。そんな中、私はというと、しっぽりとした気持ちで過ごしていたのですよ。 プリンスの「Sometimes It Snows in April」という楽曲を知っていますか? プリンスは私の中の永遠…

4月8日は…

もうすぐ、4月。新年度。新学期。日本中が桜の花を愛でる季節が到来です。4月8日は「ベビーリーフ記念日」で、いつもなら記念日について書くのですが…今年は、その前に「4月8日はお釈迦さまのお誕生日でもある」と言いたくなりました。 日本では、キリストの…

フラゲ~!

3/25(月)販売から、ベビーリーフのパッケージがリニューアルされてレシピも新しくなります。そして、今後新しくベビーレタスも登場します。 桜が咲き始めるとベビーリーフが食べたくなるよね! 余談ですが、商品を発売日より早く入手する行為を私たち日本人…

居心地の良い場所

3月も半ば…この間お正月だった気がするのに…(苦笑) 今日は、毎年3月に行くべき、私のお気に入りの場所を2つご紹介しようと思います。 ◆岡本梅林公園 「梅は岡本、桜は吉野、みかん紀の国、栗丹波」と詠われ、古来から梅林の名所として知られている岡本。なん…

Achoo!(ハクション!)

九州オフィスのMです。 朝晩は若干寒く感じるものの、日中になるとぽかぽか陽気でいよいよ春本番という感じになってきました。 桜のつぼみも膨らみ今にも咲きそうな気持ちの良い時期ですが、私にとっては厄介な時期でもあります。 お分かりの方もいらっしゃ…

とらテープ de 頭上注意!(第55回・改善提案より)

このブログでも時々ご紹介している「改善提案」。 毎回、事務所・現場からのいろいろな声を検討し、なかには業者さんへ依頼が必要な本格的な提案もありますが、一旦その前に自分たちでなんとかできないか試行錯誤します。 そう、いま流行のDIY(Do It You…

東京オフィスが茅場町へ移転しました。

2月25日(月)より、新天地にて業務スタートです。 日中だいぶ暖かくなり早くも花粉が飛び始めているこの頃ですが、 東京オフィスは、本日2月25日(月)より新しいオフィスで業務本格スタートしました。 ■新・東京オフィス(2/24~) 東京都中央区日本橋茅…

レストラン 夢蔵

3月を目前にしてまだ寒いのだけれど、日中は風も暖かく日差しも優しい。花粉症の人はマスクが手放せない様子なので、確実に春が近づいている証拠です。 今回は、春ののどかな休日に行きたくなるお店「レストラン夢蔵」を紹介しようと思います。 神戸からクル…

イチゴ狩り!(伊勢神宮お参り)

営業2部K坂です。毎年恒例となっているイチゴ狩り!!今年も行って参りました。 今回は伊勢神宮とおかげ横丁をめぐるイチゴ狩りバスツアーに参加しました。 7時15分梅田集合と普段会社行く時間より早かったので、行きのバスはみんな爆睡でした。10時半ごろ…

三村青森県知事が来社されました!

2月7日に三村青森県知事が、エム・ヴイ・エムの神戸本社に来社されました。 当社は青森県内に地元企業と共同でカットリンゴ工場を作り、青森県のリンゴを使用して自動販売機などで販売しているという理由で、ご多忙の中、わざわざ弊社までご来社していただ…

丹波薬草薬樹公園

生産管理課の三宅です。 昨日お昼から代休を頂き、宿舎近くの「丹波の湯」につかってリフレッシュしてきました。 「丹波の湯」は丹波市薬草薬樹公園の中にあります。薬草薬樹公園には薬樹草が約300種類栽培されており、全国でも珍しい公園だそうです。 「丹…

地元、神戸!

4年前、2015年11月に当社40周年記念式典でご講演いただいた玉岡かおるさん著作「お家はん」(上)(下)を読破できました。 播州弁の語りでその当時の社会の様子を窺い知ることができた名作で非常に活気に溢れた町 神戸が描かれています。 その記念講演の2…

箱根駅伝

あけましておめでとうございます。 営業一部Tです。今年もよろしくお願いします。 皆様はお正月はどのように過ごされましたでしょうか?私の場合、家族と一緒に箱根駅伝を観に箱根湯本駅まで行ってきました。 箱根駅伝といえばご存じの通り大手町の読売新聞…

1.17

亡くなった人のことを不思議なほど思い出す日があって、なにげない日常の中でその人の気配を感じたりする日ってないですか? 私にとって1.17はまさにそういう日で、もう儀式に近い。それはもう悲しみではなく、ただ浄化されてゆくばかりの記憶になっているの…